· 

社員に聞きました➀ 

「ジンジャーアップでは、こんな社員が活躍しています」ということを紹介するコーナーです。広報部が各担当者にインタビューしてお送りします。初回は、システムデベロップメント部の 加藤凌さんをご紹介します。

 

20184月に入社された加藤さんですが、それ以前に2016年秋から半年ほどインターン研修で参加していましたので、足掛け5年ほど活躍されています。

 

Q:ジンジャーアップに入社した理由をお聞かせください

 

加藤:もともと情報通信系の会社への就職を希望していたのですが、学生時代のアルバイトで学習塾講師を経験してから、「教育」という分野に興味を持ち始めました。ジンジャーアップのサービス・業種・企業理念を理解した上で、私がこれから進みたい方向性とマッチしたことから正式に入社を希望しました。インターン研修を経て、直観的に「これから伸びていく会社なんだろうな」と思ったことと、社員さんの人柄が良かったから、続けて働きたいと感じたことも大きかったと思います。

 

Q:実際入社していかがでしたか?感じたこと、ギャップなどありましたか?

 

加藤:まず、社員や役員との距離が近いことに驚きました。就業初日にフランクに話しかけてくださった方が、実は社長であったことを知って、とても嬉しかったです。研修もきちんとしていて、個別指導まで対応してくださいました。

また、社内でのコミュニケーションツールで使用しているslackでは「random」というチャンネルがあり、業務に関係ないことも気軽に呟けますので、軽い気分転換にもなりますし、仕事と関係ないと思っていても意外に重要で、業務に結び付く/活用できそうな話題やそこからためになる知識を得られたこともあります。

 

Q:普段はどういう業務をされていますか?今後はどんなことに挑戦していきたいですか?

 

加藤:今はシステム開発の一員として現場作業や新規開発案件のプロジェクトに関わっております。その他にも保守運用、ISMS委員として社内制度の整備など業務は多岐にわたり、忙しい日々を過ごしていますが、とてもやりがいを感じています。今後は今携わっているプロジェクト業務を主導でできるようになり、技術者としての対応力も上げていきたいと思っています。

 

Q:ジンジャーアップに入社してから得られたことはなんですか?

 

加藤:基本的な社会人としてのマナーや仕事への取組み方はもちろん、お客様と接することで課題解決力も養われたと思います。システム開発のほうでは、データベースの管理方法をはじめ、ミドルウェア、GitHub、そしてプログラミング言語のRubyなど多くのことを学び、習得できました。

 

Q:最後にこれからジンジャーアップに入社する人、入社したばかりの人に何か伝えたいことはありますか?

 

加藤:ジンジャーアップはみんなで補足し合いながら仕事をしますので、社員同士のつながりが強い会社だと思います。困ったことがあればいつでも相談に乗ってもらえる環境ですので、抱え込まずに誰かに相談してみてください。上司や先輩方にご飯をごちそうしていただくこともあり、うれしい、楽しい、美味しいこともありますよ。

 

 

★ジンジャーアップに興味を持たれた方は是非こちらもご覧ください。