· 

社員に聞きました➁

「ジンジャーアップではこんな社員が活躍しています」ということを紹介するコーナー、2回目はカスタマーサポートおよび管理部門で活躍している山崎をご紹介いたします。

20171月に、LMSをご利用頂いている管理者、受講者の方々からのお問い合わせ受付部門を強化するということで、カスタマーサポートの一員として採用されました。2019年からはサポート業務の他に、管理部門の業務も担当されており、幅広く携わっています。

 

Q.サポート業務と管理業務についてそれぞれ仕事内容を簡単に教えてください。

カスタマーサポート部での業務内容は主にeラーニングマネージャーZをご利用いただいている企業の管理者様および利用者様からいただくメールや電話でのお問い合わせ対応です。そして、管理部では管理部長のもとで請求書の発送や支払い明細の管理をメインに、小口現金や消耗品の管理などの社内サポートをしております。

 

Q.家庭と仕事を上手に両立されていますが、現在はどのような勤務体制で働いていますか?

私は時短勤務で働いています。結婚して家庭を持つと、独身の頃のような長時間勤務は難しいですが、私がジンジャーアップで長く働くことができているのは、恐縮ながら私的な環境をその都度相談し、受け入れていくださった会社のお陰です。

特に女性は、結婚、出産、育児、介護 と人生のステージの変化により、短いスパンで働き方に影響を受けていくと思います。そのような中でも途切れずに社会と少しでも関わり続けていくことはとても大切だと思います。実際、実母の介護に直面した2年前、復帰の見通しが立たず、私は会社を辞めなければいけないと思っていたのですが、休職を許していただき、半年後に復職しました。今こうしてまた働くことができているのは、その時の温かい役員の方々をはじめとする会社の対応だと思っており、大変感謝しています。

 

Q.現在は主にテレワークで勤務されていますが、何か困ったことはありますか?

コロナという未曾有の社会危機に直面した1年半前、会社はいち早くテレワークで働く環境を整えてくださいました。

Slackや朝のリモート会議により、テレワークで懸念されるコミュニケーション不足は感じておらず、全く困ったことがありません。むしろ相談を打ち明けやすくなったと感じています。また、テレワーク導入直後から受電代行サービスを活用していますが、電話対応が減った分、業務効率も上がっています。

また、昨年から導入された週休3日制により、新たな平日の定休日は気持ちの上でのリフレッシュのみならず、心置きなく家族の用事に使えるようになりました。社会に適応した柔軟な会社の姿勢に感謝し、より一層頑張ろうと思っています。

 

Q.最後にジンジャーアップに興味をもってくれる人にジンジャーアップの魅力を一言お願いします。

 

ワークライフバランスが今注目されていますが、何かを犠牲にしながら働くのではなく、働き方の多様化を認め、より働きやすい環境をつくり、進化し続ける、ジンジャーアップはそんな会社だと思います。